家庭での役割は?

 

英語の習得には繰り返しが重要です。

 

レッスンで使用する本、歌、チャンツを家で練習してきてください。読める!言える!歌える!という自信が子供たちのやる気につながります。

 

毎日繰り返し音源を聞き、暗唱できるくらいまで聞きこんでください。

 

追々文法問題に取り掛かるとき、そして作文をするときに、間違いがあった場合は「おかしい」「気持ちが悪い」と感じるところまで持っていくことを目標にしています。

 

家庭で毎日、宿題や絵本で英語に触れていられる環境づくりのための提案をしていきます。 

 

 

教室の役割は?

 

教室で導入・練習 → 家で練習、そして戻ってきた教室では練習成果の「実践の場」として捉えていただきたいと思います。

 

ご家庭で練習してきたことを、レッスン時にどんどん実践練習して行ってほしいと思います。

 

教室で英語で過ごす時間は日本語漬けの一週間の中のたったの1時間。年間にしてたったの2日間の貴重な時間です。

 

教室でしかできないこと。

 

それは読むこと、聞くこと、話すこと、またコミュニケーションの練習です。

 

書くのは大変時間が取られるので、教室では最低限に抑えます。

 

ご家庭での宿題にさせていただきますので、ご家庭でのご協力・ご支援をよろしくお願いします。

 

教室で導入します。ご家庭で定着してきてください。

 

ピアノを毎日練習するように、英語も毎日練習してください。